FAQs よくあるご質問

治療を受けるにあたり、何か準備することはありますか?

・あまりに空腹だったり満腹だったりしますと、気分が悪くなることがありますのでご注意ください。

・当日は男性はアンダーパンツ一枚、女性はブラジャーとショーツになっていただきます。

​・AcuSerene 鍼フェイシャルコースをお受けの場合は、化粧はしないでお越しください。

・施術直後の激しい運動はお避け下さい。

何回通えばいいのですか?

​​

・特定の症状を治療する場合:

症状によっては、一回の治療で完治することもありますが、数週間にわたる治療が必要な場合もあります。また、慢性症状の場合は、緩解と再発を繰り返す場合もあります。これは症状・生活習慣・からだの動かし方の癖、体質などによりさまざまです。

 

鍼灸の治療は、直後だけでなく数日にわたって効果が増していくのを感じます。慢性症状の場合は、週に1回もしくは2回の治療から始め、症状の緩解に伴って治療頻度を減らしていきます。

・AcuSerene 鍼フェイシャルの場合:はじめのデトックス期では週1回の治療を5回お受けいただきます。その後の維持期では、月に1~2回の施術をお勧めしております。詳しくは、AcuSerene 鍼フェイシャルの説明をお読みください。

・未病治、病気やケガの予防、健康増進のための施術の場合:

抵抗力を高い状態に維持し、ケガを予防する目的の施術の場合は、当院でもっともお勧めするのは週1回から2週間に1回の治療ですが、月1回の方や、疲れを自覚した時にお越しになるという方もいらっしゃいます。鍼灸治療は免疫、ホルモン、自律神経のバランスを整えます。そうすることで、血流を改善し抵抗力を増し、より健康な状態にもっていきます。

 

痛くなければ効かないというのは本当?

いいえ、それは間違いです(笑)。他院で治療を受けていた患者さまは、当院の治療は全然違うとよくおっしゃいます。当院はより効果が高く、かつ気持ちの良い治療を目指しています。

日本の鍼灸の特徴

 

日本の鍼灸の精神

我々は患者さまの多様性を重視し、お一人お一人に合った最適な治療を提供することを大切にします。

 

この精神のもと、日本では様々な鍼灸の治療方法や治療器具が考案されました。更に、患者さまの体調は治療の度ごとに異なりますので、症状の経過や体調に合わせて治療内容を調整します。とりわけ、治療の度ごとに注意深く触診し、そこから得られる所見とそれまでの経過、その日の体調、過去の病歴と体質から総合的に判断し、毎回の治療を処方します。

 

このようにして、できるだけすみやかに患者さまがご自身の治療目標に到達することを目指すのです。

気持ちの良い鍼灸治療

私たちは患者さまに気持ちよく鍼灸治療を受けていただくことを大切にしています。この考えのもと、日本は気持ちが良く効果の高い鍼灸治療を実現する最高品質の鍼灸針を生産し、世界をけん引しています。

鍼灸の効果に関する科学的研究

 

鍼灸がどんな疾患に効くのか、さまざまな基礎研究や臨床研究がなされています。しかしながら、鍼灸の効果を図る手法がまだまだ確立されておらず、薬の臨床試験のように白黒をはっきりさせづらいという特徴があります。

例えば、薬の臨床試験では、試験に参加する同意をした患者さんが、本物の薬を処方されたのか偽の薬を渡されたのかがわからない状態にして効き目を確認します。また、その際には医師にも患者さんに本物の薬が渡ったのか、偽の薬が渡ったのかわからなくして、先入観が入らなくします。しかしながら、鍼の場合には実際に鍼をしているかどうかを患者さんや鍼灸師にわからないようにするというのは非常に困難です。

 

また、鍼の効果は体内に鍼を刺入して起こるものばかりではなく、刺さないで治療する手法もあります。この繊細な手法は、特に日本で発達しています。こういった治療効果は、現在用いられている評価方法ではなかなか拾うことができません。目下、適切な研究方法の開発が急務となっています。

科学的研究方法がまだ十分に確立していないとはいえ、数千年以上も利用され、今も世界中に広がり続けている鍼灸は、まだまだ無限の可能性があります。

347-822-0000  お電話でのお問い合わせにはできるだけお答えできるように務めておりますが、施術時間中はお問い合わせフォームでお問い合わせいただくと一番早くお返事を差し上げることができます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

© 2017 TAKAZAWA Acupuncture, PLLC