鍼治療の副作用

一般的に、鍼の施術には二つの方法があります。一つは針が皮膚を貫通しない施術方法です。そしてもう一つは、針が皮膚を貫通する施術方法です。

 

針が皮膚を貫通する施術方法の場合には、内出血や出血をする場合があります。また、ごくまれではありますが、とりわけ鍼治療が初めての方の場合や、胃の中が空っぽの状態で鍼をお受けになった場合は、脳貧血を起こすことがあります。

 

当院では、施術の目的および患者さまの体質に合わせて、両方の施術方法を使い分けております。

347-822-0000  お電話でのお問い合わせにはできるだけお答えできるように務めておりますが、施術時間中はお問い合わせフォームでお問い合わせいただくと一番早くお返事を差し上げることができます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

© 2017 TAKAZAWA Acupuncture, PLLC